愛知県瀬戸市・尾張旭市・長久手市などで着物店・着物クリーニング・着付け教室をお探しなら「和の美あつみ」へどうぞ

こだわりの着物と帯・着物クリーニング・着付け教室 

和の美あつみ

〒489-0044 愛知県瀬戸市栄町14 (尾張瀬戸駅から徒歩3分)

お気軽にお問合せください

0561-97-0018

 汗 抜 き

着物クリーニングについて誤解が多い一つが「汗」についてです。丸洗いでシミ・汚れと一緒に汗も落としてくれると思われている方が多いのですが、残念ながら丸洗いでは汗を落とすことは出来ません。

丸洗いはドライクリーニングであり、洗剤として使われるものは油性になります。従って、油性の汚れやシミは落とせても、水溶性の汗を落とすことは出来ないため、着物着用時に汗をかかれた場合は、別途汗抜きが必要となります。

汗抜きが必要な着物の種類と注意点

汗抜きが必要な着物

①長襦袢

②単衣や盛夏の着物

③季節を問わず、汗をかいた時

上記の内容ですが、上から順番に汗抜きが必要になる着物等と思ってください。この後に述べますが、長襦袢の汗抜きは、ほぼ必須と思ってください。理由はご理解いただけると思いますが、その他、暑い時期に着る着物は基本丸洗いと汗抜きセットで処置いただくことで、着物が長持ちします。

長襦袢の汗抜きは必須

長襦袢は着物より内側に着るもののため、汗をかいた時は影響をもろに受けます。長襦袢の下に肌襦袢等の下着を着用されますが、和服は上に着る着物から下着類まで通気性を念頭においたつくりをしているため、汗は移りやすいのです。

それでは長襦袢をお手入れに出す時には、この汗抜きだけでいいのか?というと、基本丸洗いとセットでされるのがベストです。理由は、袖口や裾などにホコリを吸うこと、そして特に袖口なのですが、着る方の皮脂が付着します。この皮脂は油性の汚れとなりますので、丸洗いが必要になるのです。

【長襦袢のお手入れで汗の確認をしないお店は要注意】

長襦袢のお手入れを着物屋さんへ持っていった時の話ですが、その長襦袢を着用した時に汗をかいたかどうか聞かれない場合は、そのお店でのお手入れは避けることをオススメいたします。

同業他店様の悪口をいうわけではないですが、汗抜きの必要性を知らないお店が時々見受けられます。

あなた様の大切な着物ですので、きちんとした知識と経験をもったお店でお手入れされることをオススメしたいので、敢えて申しあげました。ご参考までに。